アクリル板購入の際の注意点【取り扱いや手入れにも気を配る】

発がん性と食品への使用

粉末

優れた特性と毒性とは

チタンが酸化した状態で出来た化合物のことを酸化チタンとも呼ばれ、ナノ粒子レベルで生活に身近に使われている商品などに含まれることも多いです。その優れた特性については、大気汚染の原因物質でもある硫黄化合物や窒素化合物を大気中より分解させることができる点となります。他にも住宅建設などでシックハウス症候群などのアレルギーの原因にもなるアセトアルテヒドを除去してくれたりする優れた特性を持っています。つまり酸化チタンは体外での使用の場合には、健康に悪影響を与える物質を除去してくれる優れたメリットがあります。酸化チタンは塗料やインク、化学繊維などの身の周りのアイテムに使われていることが多く、日焼け止めの化粧品、さらには食品の着色料としても活用されることも多いです。白色の着色料になり、ホワイトチョコレートといったお菓子の着色料やクリームなどにも使われます。もっとも人間の体内に酸化チタンが入った場合の影響については、動物実験などからも毒性があるとして扱われ、なかには発がん性もあるとして要注意の物質として指定している機関も存在するほどです。ただ国内においての各種実験などでは、経口摂取を継続して行っても、別に病気の発症や体調の変化が見られない事で悪影響がないとされています。そのため目立った毒性が存在しないことと、致死量についても50kgの体重の人が500gの摂取となりますので、致死量に達するほどの経口摂取は起きないとされます。それでも空気として吸入についての毒性の方が確認されているため、吸入しないように防塵マスクを装着することが必要です。

オススメ記事

粉末

発がん性と食品への使用

酸化チタンは身近に存在する化粧品・食品・塗料などに含まれる物質で、その特性には大気中の汚染物質を除去する優れた点があります。ただ国内での実験での経口摂取による毒性は確認されていませんが、吸入の場合には毒性が確認され、海外では発がん性の疑いがある物質とされています。

詳しく見る

ヒーター

カーボン使用製品が主流に

石油やガスを使わず電気だけで暖房できるヒーターでは、発熱体としてニクロム線やセラミック・ハロゲンランプ・カーボンなどの原料が使用されています。中でもカーボンヒーターの発熱体に使われる炭素繊維は遠赤外線を多く放射する特性を持つため、人体への熱吸収率の高く暖まりやすいのが特徴です。

詳しく見る

アクリル板

豊富なラインナップ

ガラス以上の透明度があり、プラスチックの女王様とも呼ばれるアクリル板は、カラーや大きさに豊富なラインナップがあります。また、表面加工をすることによって産業用や製品にも使われていて、いろいろな分野で活躍しています。

詳しく見る