アクリル板購入の際の注意点【取り扱いや手入れにも気を配る】

カーボン使用製品が主流に

ヒーター

遠赤外線放射量が高い特徴

石油やガスなどの燃料を必要とせず電気の力だけで暖められるヒーターは、暖房器具の中でも安全性の高さや手軽さから人気を集めています。そうしたヒーターは発熱体に使われる原料によって多くの種類がありますが、古くから電気ストーブに使用されてきたのはニッケルとクロームを主な原料とする合金のニクロム線です。ニクロム線は安価に製造できることから長く電気ヒーターの主流でしたが、ハロゲンランプやセラミックなどを使った製品が次々と登場してきました。中でも近年の主流となっているのが、軽くて強い炭素繊維を発熱体に使用したカーボンヒーターです。炭素繊維はアクリル繊維やピッチと呼ばれる樹脂を高温で熱加工し、炭素化することで製造されています。炭素繊維の中でもアクリル繊維を原料としたものはPAN系と呼ばれ、1本1本の繊維の太さはわずか5マイクロメートルから7マイクロメートルに過ぎません。アクリルニトロと呼ばれる原料を重合した後、耐炎化と炭素化の工程を経て表面処理とサイジング処理を受けることでPAN系炭素繊維が製造されます。石油や石炭・コールタールを製造する際の副生成物として生じるピッチを原料としたのが、太さ7マイクロメートルから10マイクロメートルのピッチ系炭素繊維です。このような炭素繊維を石英管の不活性ガス中に封入することで、従来のニクロム線タイプやハロゲンヒーターより大量の赤外線が放出されます。炭素繊維が放射する赤外線のスペクトルは水の吸収スペクトルに近いため、人体への熱吸収率が高い遠赤外線を多く放射できるのが炭素繊維の大きな特徴です。特に製造の過程で2000℃から3000℃の黒鉛化工程を経た炭素繊維はグラファイトと呼ばれ、カーボンヒーターの上位機種に使われます。炭素繊維はカーボンヒーターだけでなく自動車や航空機・スポーツ用品など多様な用途に使用されてきました。炭素繊維は日本のメーカーが開発した経緯があるだけに、今も世界市場でも高いシェアを誇ります。

オススメ記事

粉末

発がん性と食品への使用

酸化チタンは身近に存在する化粧品・食品・塗料などに含まれる物質で、その特性には大気中の汚染物質を除去する優れた点があります。ただ国内での実験での経口摂取による毒性は確認されていませんが、吸入の場合には毒性が確認され、海外では発がん性の疑いがある物質とされています。

詳しく見る

ヒーター

カーボン使用製品が主流に

石油やガスを使わず電気だけで暖房できるヒーターでは、発熱体としてニクロム線やセラミック・ハロゲンランプ・カーボンなどの原料が使用されています。中でもカーボンヒーターの発熱体に使われる炭素繊維は遠赤外線を多く放射する特性を持つため、人体への熱吸収率の高く暖まりやすいのが特徴です。

詳しく見る

アクリル板

豊富なラインナップ

ガラス以上の透明度があり、プラスチックの女王様とも呼ばれるアクリル板は、カラーや大きさに豊富なラインナップがあります。また、表面加工をすることによって産業用や製品にも使われていて、いろいろな分野で活躍しています。

詳しく見る