アクリル板購入の際の注意点【取り扱いや手入れにも気を配る】

豊富なラインナップ

アクリル板

透明だけでない

アクリル板はプラスチック樹脂の中でも透明度が高いのが特徴で、プラスチックの女王様という異名を持つほどです。透明な物質と言うとガラスを思い浮かべる人が多いけれど、アクリル板はガラスよりも透明度が高い特徴を持っています。また、重量はガラスの半分以下であったり、硬さも併せ持っているため様々な用途で使われるようになり、ガラスの代用品として使われるようになっています。アクリル板は熱を少し加えると曲げやすかったり、切断や穴開けが簡単にできるため一般の人でも加工が容易ですが、様々なタイプのアクリル板を製造するのもガラス板と比べると容易です。アクリル板は透明なものが基本ですが、色をつけて作成するのも容易です。単純にカラーがあるだけでなく、透明を保ったり、半透明にしたり不透明にしたりとバリエーションも豊かです。厚さや大きさに関しても様々なタイプがラインナップされています。厚さは製品としては0.2mmから100mmまでがあり、特注品ではなんと厚さ60cmものアクリル板も存在しています。大きさも定番サイズの1300mm×1100mm以外にあらゆる大きさがラインナップされています。アクリル板の表面は基本的には両面艶になっていますが、表面加工をすることによって特に産業用として重宝されています。表面に紫外線カットや映り込みを防止する加工をすることによってモニター画面の保護板として使われていたり、帯電防止加工がされたアクリル板もあります。

オススメ記事

粉末

発がん性と食品への使用

酸化チタンは身近に存在する化粧品・食品・塗料などに含まれる物質で、その特性には大気中の汚染物質を除去する優れた点があります。ただ国内での実験での経口摂取による毒性は確認されていませんが、吸入の場合には毒性が確認され、海外では発がん性の疑いがある物質とされています。

詳しく見る

ヒーター

カーボン使用製品が主流に

石油やガスを使わず電気だけで暖房できるヒーターでは、発熱体としてニクロム線やセラミック・ハロゲンランプ・カーボンなどの原料が使用されています。中でもカーボンヒーターの発熱体に使われる炭素繊維は遠赤外線を多く放射する特性を持つため、人体への熱吸収率の高く暖まりやすいのが特徴です。

詳しく見る

アクリル板

豊富なラインナップ

ガラス以上の透明度があり、プラスチックの女王様とも呼ばれるアクリル板は、カラーや大きさに豊富なラインナップがあります。また、表面加工をすることによって産業用や製品にも使われていて、いろいろな分野で活躍しています。

詳しく見る