アクリル板購入の際の注意点【取り扱いや手入れにも気を配る】

選定の基準です

女の人

業者選定が重要

ビルの外壁や、執務室内のドアノブ等の設備は油脂のような汚れが付きやすく掃除大変です。そこで、汚れが付きづらくなる光触媒のコーティングを実施する企業も多いかと思います。光触媒として代表的なものが酸化チタンです。しかし、酸化チタンのコーティングは簡単なものではありません。専門的な用具や知識が必要ですので、業者に依頼する方がよいでしょう。しかし、どの業者を選定すればよいか分からない人も多いかと思います。そこで、酸化チタンのコーティングを行う業者の選定基準について、2点お伝えします。1点目は、見積内容がしっかりしている業者を選定しましょう。酸化チタンのコーティングは手間がかかるため、コストがかかります。また原料費や作業費用の内訳について、素人では妥当性が判断できません。曖昧な見積内容の場合、コストの妥当性がよく分からないまま作業を依頼することになります。見積内容がしっかりしており、不明点があっても丁寧に分かりやすく説明してくれる業者を選定しましょう。2点目は、アフターサービスがしっかりしている業者を選定しましょう。酸化チタンのコーティングは1度行えば、半永久的に使えます。しかしアフターサービスがしっかりしていないと、作業不備があっても再コーティングができないなどの問題が発生します。事前にしっかりチェックしておきましょう。以上、酸化チタンのコーティングする際の業者選定基準についてお伝えしました。ぜひ参考にして下さい。

オススメ記事

粉末

発がん性と食品への使用

酸化チタンは身近に存在する化粧品・食品・塗料などに含まれる物質で、その特性には大気中の汚染物質を除去する優れた点があります。ただ国内での実験での経口摂取による毒性は確認されていませんが、吸入の場合には毒性が確認され、海外では発がん性の疑いがある物質とされています。

詳しく見る

ヒーター

カーボン使用製品が主流に

石油やガスを使わず電気だけで暖房できるヒーターでは、発熱体としてニクロム線やセラミック・ハロゲンランプ・カーボンなどの原料が使用されています。中でもカーボンヒーターの発熱体に使われる炭素繊維は遠赤外線を多く放射する特性を持つため、人体への熱吸収率の高く暖まりやすいのが特徴です。

詳しく見る

アクリル板

豊富なラインナップ

ガラス以上の透明度があり、プラスチックの女王様とも呼ばれるアクリル板は、カラーや大きさに豊富なラインナップがあります。また、表面加工をすることによって産業用や製品にも使われていて、いろいろな分野で活躍しています。

詳しく見る