アクリル板購入の際の注意点【取り扱いや手入れにも気を配る】

セラミックスの力

男性

安全な暖房器具

ヒーターとは、発熱により物を温める装置のことを指します。一般的にはストーブのような室内の空気を温める暖房機械のことを意味します。ヒーターの殆どは、燃料や電源による加熱で本体が相当の高温になるのが一般的でした。しかし、最近になって、セラミックファンヒーターという熱くならない暖房器具が売り出されるようになりました。セラミックファンヒーターは、アルミに電圧をかけた上で風を通し、特殊加工されたセラミックスが発熱して温風に替える仕組みです。本体の中に発熱体は存在しますが、装置そのものは熱さを感じることがなく、乳幼児やペットのいる環境でも安心して使えます。本体が熱くならないという点では、燃えやすい物が多い場所でも安全に使えるということです。また、セラミックファンヒーターは、空気を汚さないため、石油やガスを使った暖房装置のように、頻繁な換気を必要としません。さらに、燃料を必要としないため、置き場所を選ばないという利点もあります。電源プラグが使える所であれば、どの場所でも利用できるのです。最近のセラミックファンヒーターは、様々な機能が追加され、加湿器や空気清浄装置付きなどの機種も売り出されています。また、最新式の物は、人感センサーが付いて、人のいる場所を重点的に温める機能も付いています。このように、大変便利に使えるセラミックファンヒーターですが、唯一の欠点は光熱費が高額になるということです。暖房器具を効果的に使って、光熱費を抑えるためには、場所を選んでそれぞれの特徴のある機械を設置すると良いでしょう。

オススメ記事

粉末

発がん性と食品への使用

酸化チタンは身近に存在する化粧品・食品・塗料などに含まれる物質で、その特性には大気中の汚染物質を除去する優れた点があります。ただ国内での実験での経口摂取による毒性は確認されていませんが、吸入の場合には毒性が確認され、海外では発がん性の疑いがある物質とされています。

詳しく見る

ヒーター

カーボン使用製品が主流に

石油やガスを使わず電気だけで暖房できるヒーターでは、発熱体としてニクロム線やセラミック・ハロゲンランプ・カーボンなどの原料が使用されています。中でもカーボンヒーターの発熱体に使われる炭素繊維は遠赤外線を多く放射する特性を持つため、人体への熱吸収率の高く暖まりやすいのが特徴です。

詳しく見る

アクリル板

豊富なラインナップ

ガラス以上の透明度があり、プラスチックの女王様とも呼ばれるアクリル板は、カラーや大きさに豊富なラインナップがあります。また、表面加工をすることによって産業用や製品にも使われていて、いろいろな分野で活躍しています。

詳しく見る