アクリル板購入の際の注意点【取り扱いや手入れにも気を配る】

粉末

発がん性と食品への使用

酸化チタンは身近に存在する化粧品・食品・塗料などに含まれる物質で、その特性には大気中の汚染物質を除去する優れた点があります。ただ国内での実験での経口摂取による毒性は確認されていませんが、吸入の場合には毒性が確認され、海外では発がん性の疑いがある物質とされています。

詳しく見る

加工性に優れた材料の魅力

男女

費用や納期の賢い見極め方

アクリル板とは、アクリル樹脂で作られた板で、加工性、透明性、耐候性、耐衝撃性の高さに特徴がありますが、特に加工性に優れていることから、個人や法人を問わず、幅広い分野で活用されています。最近では、アクリル板を専門に取り扱うネットショップが出店されるようになり、誰でも容易にアクリル板を購入出来るようになりましたが、基本的には、法人からの注文が大半を占めています。費用や納期に関しては、幾つかの基準が設けられていて、板の種類、板の厚さ、穴の位置、穴の大きさ、加工法の違いで大きく変わって来ます。ネットショップの中には、幾つかのパラメーターを与えるだけで自動的に見積もりを実施してくれるページを掲載しているところがありますので、実際に利用してみる価値は十分にあります。板の種類に限って見ても、色や透過率が異なるだけでバリエーションが豊富になりますので、アクリル板のタイプを決める際には、予め使用イメージを具体化しておくことが必要です。つまり、ある程度の設計能力を有した企業でなければ、アクリル板のネットショップを有効活用することは出来ません。ここで気を付けなければならないのは、単に製品作りに必要な材料としてアクリル板を購入してはいけないことです。何故なら、アクリル板を使用した製品作りに着目した場合、アクリル板に掛かる費用や納期だけでなく、出来上がった製品のメンテナンスにおいて、アクリル板の取り扱いや手入れにも気を配る必要があるからです。

ヒーター

カーボン使用製品が主流に

石油やガスを使わず電気だけで暖房できるヒーターでは、発熱体としてニクロム線やセラミック・ハロゲンランプ・カーボンなどの原料が使用されています。中でもカーボンヒーターの発熱体に使われる炭素繊維は遠赤外線を多く放射する特性を持つため、人体への熱吸収率の高く暖まりやすいのが特徴です。

詳しく見る

アクリル板

豊富なラインナップ

ガラス以上の透明度があり、プラスチックの女王様とも呼ばれるアクリル板は、カラーや大きさに豊富なラインナップがあります。また、表面加工をすることによって産業用や製品にも使われていて、いろいろな分野で活躍しています。

詳しく見る

女の人

選定の基準です

酸化チタンによるとコーティングをする際の業者選定基準について、2点お伝えします。1点目は、見積内容がしっかりしている点、2点目はアフターサービスがある点です。参考にしてベストな業者を選定し、掃除の手間やコストを削減しましょう。

詳しく見る

男性

セラミックスの力

ヒーターとは、発熱体のことを指します。一般的には、ストーブのような暖房器具の意味に使われます。最近では、セラミックファンヒーターのような、本体が熱くならない暖房器具も人気を集めています。子供やペットのいる環境でも安全に使えて、置き場所を選ばない暖房器具は大変便利です。

詳しく見る

オススメ記事

粉末

発がん性と食品への使用

酸化チタンは身近に存在する化粧品・食品・塗料などに含まれる物質で、その特性には大気中の汚染物質を除去する優れた点があります。ただ国内での実験での経口摂取による毒性は確認されていませんが、吸入の場合には毒性が確認され、海外では発がん性の疑いがある物質とされています。

詳しく見る

ヒーター

カーボン使用製品が主流に

石油やガスを使わず電気だけで暖房できるヒーターでは、発熱体としてニクロム線やセラミック・ハロゲンランプ・カーボンなどの原料が使用されています。中でもカーボンヒーターの発熱体に使われる炭素繊維は遠赤外線を多く放射する特性を持つため、人体への熱吸収率の高く暖まりやすいのが特徴です。

詳しく見る

アクリル板

豊富なラインナップ

ガラス以上の透明度があり、プラスチックの女王様とも呼ばれるアクリル板は、カラーや大きさに豊富なラインナップがあります。また、表面加工をすることによって産業用や製品にも使われていて、いろいろな分野で活躍しています。

詳しく見る